メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

「エルサレム首都」認定 撤回決議案採択へ 国連総会、大多数賛成で 緊急特別会合

今年最後の閣議に出席する(左から)ティラーソン国務長官、トランプ大統領、マティス国防長官=ワシントンで20日、ロイター

 【ニューヨーク國枝すみれ】国連総会は21日午前(日本時間22日未明)、緊急特別会合を開催した。エルサレムをイスラエルの首都とするトランプ米政権の認定を無効とし撤回を求める決議案を採決する。早ければ21日にも大多数の支持を得て採択される見通しだ。

 会合冒頭で決議案を提案したイエメン代表は「平和のための投票」が必要だとして決議案への支持を呼びかけた。パレスチナ自治政府のマリキ外相も「エルサレムを抜きに和平プロセスが成功することはありえない」と述べ、首都認定を批判した。

 総会決議に法的拘束力はない。しかし、東エルサレムを首都に国家建設を目指すパレスチナ自治政府と連携す…

この記事は有料記事です。

残り603文字(全文888文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  2. ソチ五輪銅の平岡選手 ひき逃げ容疑で事情聴取 奈良県警

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです