メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

菊地功さん=カトリック教会の東京大司教に就任した

菊地功(きくち・いさお)さん(59)

 教会で働く両親の姿を見て育ち、弟とミサのまね事をして遊ぶ「教会の子」だった。司祭になって31年余、フランシスコ・ローマ法王から、東京大司教区(東京都、千葉県)の信徒約10万人を束ねる任務を託された。

 聖職者としての原点は西アフリカ・ガーナにある。所属する修道会「神言会」から1986年に派遣され、約8年間にわたり、山中の教会二十数カ所を回ってイエス・キリストの教えを説いた。

 「極貧だが、家族や共同体のつながりが強く、人々は助け合い、支え合って生きていた」。日本から失われた…

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文666文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 参院新人議員に聞く 改憲の旗ふった安倍首相側近を落選させた

  3. 前田「ほなみ」は名作ドラマが由来 補欠からマラソン界のヒロインに

  4. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  5. 英議会風刺のバンクシー画競売へ 議員の代わりにチンパンジー、EU離脱の混迷で注目

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです