メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

雪が積もった送電線=北海道電力提供

 皆さんは「悪天候で停電」と聞いて、どんな気象現象を思い浮かべますか。おそらく多くの方が雷を思い浮かべるでしょう。強風によって木が倒れ、架線に引っ掛かって切れるというケースもあります。たいていの場合、電線や電柱など末端の部分に不具合が生じて停電が発生しますが、その際、1カ所の不具合に伴い停電になるのは100~1000戸単位です。

 12年前のきょう(2005年12月22日)、新潟県内で最大約65万戸にも及ぶ大規模な停電が発生しま…

この記事は有料記事です。

残り698文字(全文913文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです