メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュアスケート

全日本選手権 SP 坂本首位 宮原2位

女子SPで首位に立った坂本=佐々木順一撮影

 平昌五輪代表最終選考会を兼ねたフィギュアスケートの全日本選手権は21日、東京・武蔵野の森総合スポーツプラザで開幕し、女子ショートプログラム(SP)は17歳の坂本花織(シスメックス)が73・59点で首位に立った。

 グランプリ(GP)ファイナル5位で、大会4連覇を目指す宮原知子(関大)が73・23点で2位。本郷理華(邦和スポーツランド)が70・48点で3位。さらに4位に樋口新葉(東京・日本橋女学館高)、5位に15歳で年齢制限のため五輪出場資格のない紀平梨花(関大KFSC)、6位に本田真凜(大阪・関大高)と続いた。

 女子の五輪代表枠は2。フリーは23日にあり、優勝者が代表に決定。2人目は世界ランキングや今季の国際…

この記事は有料記事です。

残り1957文字(全文2265文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  3. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  4. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  5. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです