メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

わたしは思う

仲間のような支援員を 特定NPO法人「ライトリング」代表理事・石井綾華さん

 ありのままを愛され、受け入れられたと実感できる経験がなく、「死にたいほどつらい」と悩む若者は増えている。ところが今の社会には、そう吐露すること自体を否定するような風潮がある。そのため悩みを吐き出すには勇気がいり、悩みが深い人ほど助けを信じられない。

 また心理相談に乗る専門家は通常、敬語を使い、一定の距離を置いた上でサポートする。共倒れを防ぎ、適切な支援を行うためなのだが、当事者にとっては寂しかったり過酷だったりする。

 それに対して死にたい気持ちを「一緒だよ」と受け止めてくれる白石隆浩容疑者のような相手は心地が良く、…

この記事は有料記事です。

残り525文字(全文786文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  2. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  3. 拉致問題 「めぐみちゃん」心の支え 横田滋さん入院生活
  4. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  5. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです