メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

わたしは思う

仲間のような支援員を 特定NPO法人「ライトリング」代表理事・石井綾華さん

 ありのままを愛され、受け入れられたと実感できる経験がなく、「死にたいほどつらい」と悩む若者は増えている。ところが今の社会には、そう吐露すること自体を否定するような風潮がある。そのため悩みを吐き出すには勇気がいり、悩みが深い人ほど助けを信じられない。

 また心理相談に乗る専門家は通常、敬語を使い、一定の距離を置いた上でサポートする。共倒れを防ぎ、適切な支援を行うためなのだが、当事者にとっては寂しかったり過酷だったりする。

 それに対して死にたい気持ちを「一緒だよ」と受け止めてくれる白石隆浩容疑者のような相手は心地が良く、当事者が危害を加えられる危険性を見極めるのは難しい。

この記事は有料記事です。

残り499文字(全文786文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  4. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

  5. 選手村マンション オリンピック延期で無人でも夜に照明 電気代どこから?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです