メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

わたしは思う

仲間のような支援員を 特定NPO法人「ライトリング」代表理事・石井綾華さん

 ありのままを愛され、受け入れられたと実感できる経験がなく、「死にたいほどつらい」と悩む若者は増えている。ところが今の社会には、そう吐露すること自体を否定するような風潮がある。そのため悩みを吐き出すには勇気がいり、悩みが深い人ほど助けを信じられない。

 また心理相談に乗る専門家は通常、敬語を使い、一定の距離を置いた上でサポートする。共倒れを防ぎ、適切な支援を行うためなのだが、当事者にとっては寂しかったり過酷だったりする。

 それに対して死にたい気持ちを「一緒だよ」と受け止めてくれる白石隆浩容疑者のような相手は心地が良く、…

この記事は有料記事です。

残り525文字(全文786文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神奈川・茅ケ崎 90歳運転、6人はねる 女性1人死亡
  2. 参院予算委 首相、昭恵氏の影響否定 集中審議
  3. ORICON NEWS 木村拓哉&工藤静香の次女・Kokiがモデルデビュー 『ELLE JAPON』表紙飾る
  4. 東京駅 「銀の鈴」50周年 歴代の鈴が一堂に
  5. 森友問題 理財局、口裏合わせ要請認める ごみ撤去巡り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]