メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

日馬富士暴行問題 理事長「暴力根絶を」 協会の研修会に1000人

研修会で八角理事長の講話を聞く横綱・白鵬関(前列中央)ら=東京・両国国技館で21日午後1時33分、長谷川直亮撮影

 大相撲の元横綱・日馬富士(33)による前頭・貴ノ岩関(27)への傷害事件を受け、日本相撲協会は21日、東京・両国国技館で全協会員対象の暴力問題の再発防止に向けた研修会を開いた。現場に同席し、減給処分を受けた白鵬関(32)、鶴竜関(32)の両横綱や貴ノ岩関の師匠、貴乃花親方(元横綱)ら約1000人が出席した。

 八角理事長(元横綱・北勝海)はあいさつの冒頭「こういう問題が起きて大変申し訳なく思っている」と謝罪…

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文508文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 自民・岸田氏「補正予算案 1兆円超す規模」 台風19号

  4. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  5. 菅原経産相の金品配布疑惑 選挙区の有権者複数が「メロンもらった」と証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです