労災申請

自殺したゴンチャロフ社員の母「責任問いたい」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
颯人さんの遺影を手に、仕事で悩んでいた様子を語る母の和美さん=兵庫県芦屋市で、生野由佳撮影
颯人さんの遺影を手に、仕事で悩んでいた様子を語る母の和美さん=兵庫県芦屋市で、生野由佳撮影

 昨年6月に神戸市の洋菓子メーカー「ゴンチャロフ製菓」の男性社員が自殺したのは長時間労働とパワーハラスメントが原因だったとして、男性の母親が今年9月、西宮労働基準監督署に労災申請した。母親は「息子を苦しめた会社の責任を問いたい。若い社員を使い捨てにするような社会であってほしくない」と訴えている。【生野由佳】

 亡くなったのは前田颯人(はやと)さん(当時20歳)。母和美さん(43)が9月27日付で労災申請した。

この記事は有料記事です。

残り606文字(全文811文字)

あわせて読みたい

注目の特集