メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伊方原発

運転差し止め「覆す」四国電力が訴訟チーム増員

伊方原発3号機の安全性を改めて強調する四電原子力部の瀧川副本部長(左)=広島市中区で2017年12月21日、東久保逸夫撮影

 四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の運転差し止めを命じた広島高裁の仮処分決定に対し異議を申し立てた四国電力は21日、広島市内で記者会見。3号機の安全性を改めて強調した上で「判断の過程に不備がある。速やかに決定を覆したい」と述べ、訴訟対応チームを増員する方針も示した。

 高裁決定は、伊方原発から約130キロ離れた阿蘇カルデラの噴火の危険性に言及。「9万年前の最大噴火で火砕流が敷地に到達した可能性が十分小さいと評価でき…

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文529文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 早見あかり、婚姻届を提出 お相手は30代前半の会社員の男性、7月に婚約会見
  2. 逮捕前のゴーン前会長、西川社長の更迭計画 米紙報道
  3. ロシアメディア、紀平をたたえる 王位は「驚異の日本人に」
  4. 革新機構、社長ら9取締役辞任へ 高額報酬で経産省と対立
  5. 東名あおり運転事故、連日審理 状況明らかに 10日求刑公判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです