メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伊勢神宮

冬至の朝日、神々しく

伊勢神宮内宮入り口の宇治橋前で大鳥居の向こうから昇る朝日を撮影する人たち=三重県伊勢市で2017年12月22日午前7時46分、尾崎稔裕撮影

 冬至の22日、三重県伊勢市の伊勢神宮内宮入り口の宇治橋前に、大鳥居の真ん中から昇る朝日を見ようと、700人を超える観光客やアマチュアカメラマンらが訪れた。

 午前7時40分過ぎ、鳥居の奥にある神宮林から太陽が顔を出し、待ち構えた人たちから歓声が上がった。標高約300メートルの島路(しまじ)山域が内宮…

この記事は有料記事です。

残り227文字(全文377文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. マスク着用や消毒を徹底 水害後の感染症に警戒を

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです