伊勢神宮

冬至の朝日、神々しく

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
伊勢神宮内宮入り口の宇治橋前で大鳥居の向こうから昇る朝日を撮影する人たち=三重県伊勢市で2017年12月22日午前7時46分、尾崎稔裕撮影
伊勢神宮内宮入り口の宇治橋前で大鳥居の向こうから昇る朝日を撮影する人たち=三重県伊勢市で2017年12月22日午前7時46分、尾崎稔裕撮影

 冬至の22日、三重県伊勢市の伊勢神宮内宮入り口の宇治橋前に、大鳥居の真ん中から昇る朝日を見ようと、700人を超える観光客やアマチュアカメラマンらが訪れた。

 午前7時40分過ぎ、鳥居の奥にある神宮林から太陽が顔を出し、待ち構えた人たちから歓声が上がった。標高約300メートルの島路(しまじ)山域が内宮…

この記事は有料記事です。

残り227文字(全文377文字)

あわせて読みたい

ニュース特集