メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伊勢神宮

冬至の朝日、神々しく

伊勢神宮内宮入り口の宇治橋前で大鳥居の向こうから昇る朝日を撮影する人たち=三重県伊勢市で2017年12月22日午前7時46分、尾崎稔裕撮影

 冬至の22日、三重県伊勢市の伊勢神宮内宮入り口の宇治橋前に、大鳥居の真ん中から昇る朝日を見ようと、700人を超える観光客やアマチュアカメラマンらが訪れた。

 午前7時40分過ぎ、鳥居の奥にある神宮林から太陽が顔を出し、待ち構えた人たちから歓声が上がった。標高約300メートルの島路(しまじ)山域が内宮…

この記事は有料記事です。

残り227文字(全文377文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  2. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  3. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  4. 「客足さっぱり」「暇です」感染被害の「しょうゆ発祥の町」を歩く 和歌山・湯浅、新型コロナ1週間

  5. 検事長定年延長、法解釈変更文書に日付なし 野党反発「奇妙な珍答弁」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです