メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

環境省

漂着北朝鮮船、処理は全額国費負担へ

解体直前の木造船。船首にハングルが書かれている=山形県鶴岡市で2017年12月14日、的野暁撮影

 日本海沿岸に漂着した北朝鮮籍とみられる木造船について、中川雅治環境相は22日、処分費用に関する自治体への補助制度を拡充し、同日以降に処理する木造船は全額国費負担とする方針を明らかにした。

 海上保安庁によると、今年に入り、21日正午までに朝鮮半島からの木造船が漂流または漂着した事例は96件あり、統計を取り始めた2013年以降、最多となって…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文425文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2、リュウグウ着陸成功 データ確認で管制室に歓声
  2. はやぶさ2試料採取の意義とは 新たな太陽系のなぞを探る「0.1グラム」
  3. 「大好きだよ、はやぶさ2」ブライアン・メイさんが応援メッセージ
  4. 東京都立高入試、過去最低の平均応募倍率 進む二極化
  5. はやぶさ2 「まさか」科学的に意外だったリュウグウの姿

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです