ユーチューブ

平安時代メークを再現して考えた“平等”

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
平安から平成までの女性をメークで再現した動画。“未来人”も登場する=佐々木あさひさん提供
平安から平成までの女性をメークで再現した動画。“未来人”も登場する=佐々木あさひさん提供

 平安時代から平成、そして未来の女性を表現したユーチューブの動画「タイムスリップメイク~日本女性1000年の道のり~」が75万回以上再生される人気だ。ユーチューブのクリエーター支援プログラムにより制作されたもので、チャンネル登録者数が71万人を超えるメーク動画のユーチューバ-、佐々木あさひさん(33)が参加した。女性のメーク、ファッションの変遷だけでなく、社会的な地位の変化を映し出し、「本当の平等とは何か」を問いかける作品。「若い層にも届くよう、言葉を慎重に選んだ」という佐々木さんに話を聞いた。【中嶋真希】

 1000年前から、女性の立場は大きく変わった--。こんなメッセージとともに、ピアノとバイオリンの音色が流れ、動画が始まる。描いたのは、平安時代から未来までの女性像。“まろ眉”メークや、「未来」で表現したアンドロイドのような特殊メークにも挑戦した。

この記事は有料記事です。

残り1790文字(全文2170文字)

あわせて読みたい

注目の特集