メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GDP

TPPや日欧EPAで押し上げ効果13兆円 政府

TPPと日欧EPAの経済効果

 政府は21日、米国を除く環太平洋パートナーシップ協定(TPP11)と、日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)の発効により、合算すると日本の実質国内総生産(GDP)を約13兆円押し上げるとの試算を公表した。経済成長に伴い将来的に約76万人の雇用が生まれるとした。一方、農林水産物の国内生産額はTPP11で最大1500億円減、日欧EPAで最大1100億円減少すると見込んでいる。

 政府が2015年に公表した米国を含む12カ国のTPPの影響試算と同じ手法を用いた。関税撤廃のほか、…

この記事は有料記事です。

残り521文字(全文763文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  2. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

  3. 沢尻容疑者代役に川口春奈さん 大河ドラマ「麒麟がくる」帰蝶役

  4. 丸山穂高氏、饗宴の儀で不適切言動か 「何をもって泥酔していたというのか」本人は否定

  5. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです