メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

湯川秀樹

戦中の原爆研究に言及 京大が日記公開

湯川秀樹が1945年に書いた日記。8月15日には「ポツダム宣言御受諾」「大東亜戦争は遂に終結」などの記述がある=京都市左京区で2017年12月21日午後5時2分、小松雄介撮影

 日本人初のノーベル賞を受賞した物理学者、湯川秀樹(1907~81年)が、終戦期の45年に書いた日記を21日、京都大基礎物理学研究所・湯川記念館史料室が公開した。湯川が生涯を通じて公的な発言を控えていた原爆研究「F研究」に言及。広島原爆投下や時局に関する記述もあり、専門家は「第一級の歴史的史料」としている。

 湯川は49年に中間子論でノーベル物理学賞を受賞した。戦時中、旧海軍が京都帝国大(現京都大)で進めた…

この記事は有料記事です。

残り860文字(全文1064文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

  2. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  3. 脇につるす拳銃ホルスター型かばん 目の不自由な男性発案、刑事ドラマをヒントに

  4. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  5. 内閣支持率急落「謙虚に受け止める」 菅官房長官会見詳報 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです