メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キーパーソンインタビュー

選択的夫婦別姓で国を提訴する理由 サイボウズの青野慶久社長

 選択的夫婦別姓制度の実現を求めて、ソフトウエア開発会社「サイボウズ」(東京都中央区)の青野慶久社長(46)が、国に損害賠償を求めて東京地裁に提訴する。結婚時に妻の姓を選択した青野さんに、訴訟に至ったいきさつや選択的夫婦別姓を求める理由を聞いた。【聞き手・坂根真理/生活報道部】

 --妻の姓を選んだ理由は。

 青野慶久社長 妻が「姓を変えたくない」と言ったから。あっさり決まりましたね。僕も「二つ名前があったら面白いかな」って思ったんです。軽いノリで、あまり考えずに。妻も「それなら」って。今は、夫婦げんかをした時に「俺は姓を変えたのに」って思ってしまうようになりましたけどね。

この記事は有料記事です。

残り4500文字(全文4788文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  3. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  4. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  5. 武漢のアフリカ留学生「見捨てられたも同然」 5000人帰国できず「心折れそう」 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです