メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

LGBT

大津市が支援宣言 投票用紙、性別欄撤廃など模索 /滋賀

性的少数者を支援する「レインボー宣言」の宣言式に臨んだ越直美大津市長(中央)ら=大津市役所で、大原一城撮影

 大津市は22日、LGBTなど性的少数者への差別解消や支援を目指すための「おおつレインボー宣言」をした。今後、選挙関連の文書や市の施設で性別表記を改めるなどの取り組みを進める。市によると、同様の宣言をした岐阜県関市などに倣ったが、県内の自治体では初という。

 宣言は「法の下の平等」をうたう憲法14条に触れた上で「差別や偏見を恐れ、悩み、苦しんでいる人がいる」「性…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文454文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ねこ駅長 「ニャー」就任で観光客5倍に JR豊後竹田駅
  2. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  3. 熊本遺体 粘着テープで手足を拘束 死後数週間が経過
  4. 陸上 山県が2位 優勝はガトリン 男子100メートル
  5. 名人戦 佐藤名人が2勝目 再びタイに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]