メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

頂点へトライ!!

第97回全国高校ラグビー/下 常翔学園 素早いパスが持ち味 気合込め積極攻撃 /大阪

実戦形式の練習でピッチを駆け回る常翔学園フィフティーン=大阪府守口市で、畠山哲郎撮影

 「前、前、前!」。グラウンドに、ボールをパスしながら全力疾走する常翔学園(大阪市)フィフティーンの掛け声が響く。受け取った選手はすぐに別の選手へとつなぐ。左サイドから中央、右サイドへと目まぐるしく回し、最後はトライで締める。36回目の花園出場を決めた同校が続ける実戦形式の練習だ。

 グラウンドを広く使い、素早くパスを回すラグビーが持ち味だ。相手のすきを逃さず、積極的に仕掛けていく。府予選決勝の大産大付戦も、3点ビハインドで迎えた後半から攻め続け、逆転した。「取られたら取り返せと常に言っていた。よく粘ってくれた」と野上友一監督(59)は振り返る。

 そんなチーム内で「キーマン」との声が上がるのがゲームメークを担うSOの高桑基生選手(3年)だ。自ら…

この記事は有料記事です。

残り368文字(全文693文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  3. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  4. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  5. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです