メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

未来を見る『め』

スクールクライシス学校危機・心と命を救おう 弱った心につけ込む人たち /大阪

「同じ立場」理解されると期待/年齢・性別・目的偽れるSNS

善意の人装い近づく/自分の人生、他人に委ねないで

 10月31日、神奈川県座間市で、27歳の男が住むアパート室内から9人の遺体が見つかりました。1人は友人を捜しにきた男性で、8人は15~26歳の女性でした。高校生が3人含まれていました。

 男は短文投稿サイトのツイッターで複数のアカウント(登録名)を持ち、自殺願望を持つ女性らに自分も自殺願望があるかのように思わせて、呼び寄せ、殺害したとみられています。調べに対し、「女性たちに会ってみると、本当に死にたいと言っている人はいなかった」「会ってみると『話し相手が欲しい』という感じだったが、襲った」と供述しています。

 さまざまな悩みを抱えた女性たちは、同じように死にたい気持ちを抱く相手なら、自分のつらい気持ちを心底理解してくれると期待したのでしょう。無意識だとしても、生きるための手助けを求めていたのだと思います。しかし、年齢、性別、容姿、職業、交流目的さえも簡単に偽ることができるのが、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・システム)です。

この記事は有料記事です。

残り1411文字(全文1884文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 緊急事態宣言の非科学性

  3. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 核禁条約発効 廃絶に向け思考停止から脱しなければ 中満泉・国連事務次長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです