メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教える育む学び合う

県高校体育クラブ主将研修 大体大准教授が指導 メンタル面の重要性訴え /和歌山

参加した高校の運動部主将にメンタルトレーニングについて説明する大阪体育大の菅生貴之准教授=和歌山市手平2の和歌山ビッグ愛で、矢倉健次撮影

 「県高校体育クラブキャプテン研修会」が今月13日に和歌山市で、15日には田辺市であった。高校総体や国体などでの県勢の成績アップに向けて競技力の底上げを図るため、県高体連が毎年この時期に開催しており、運動部主将を務める男女計約400人が参加した。

 紀北地域を対象とした和歌山ビッグ愛(和歌山市手平2)での研修会には約250人が参加し、大阪体育大の菅生貴之准教授が「スポーツメンタルトレーニングのチームでの実践」と題し、6~7人のグループに分かれてのディスカッションを指導した。

 日本大ゴルフ部出身で、メンタル面が競技に与える影響を身をもって知る菅生准教授は「勝つために必要な心…

この記事は有料記事です。

残り393文字(全文681文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  2. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  3. 織田信成さんの要求 関大「妥当ではない」と判断 モラハラ訴訟で経緯公表

  4. 「脱皮」のダイオウグソクムシ死ぬ 世界初の前半部脱皮ならず 鳥羽水族館

  5. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです