インフルエンザ

今季初の注意報 県「せきエチケット」を /福岡

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 県は22日、インフルエンザが流行しているとして今季初の注意報を発令した。県内の定点医療機関当たりの患者数が平均10・57人(11~17日)と基準値の10人を超えたため。新型インフルエンザが流行した2009年シーズンを除くと、今の調査方法になった1999年以降で最も早い発令となる。

 定点当たりの患者数は、福岡地区13・6…

この記事は有料記事です。

残り193文字(全文354文字)

あわせて読みたい

注目の特集