メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インフルエンザ

今季初の注意報 県「せきエチケット」を /福岡

 県は22日、インフルエンザが流行しているとして今季初の注意報を発令した。県内の定点医療機関当たりの患者数が平均10・57人(11~17日)と基準値の10人を超えたため。新型インフルエンザが流行した2009年シーズンを除くと、今の調査方法になった1999年以降で最も早い発令となる。

 定点当たりの患者数は、福岡地区13・6…

この記事は有料記事です。

残り193文字(全文354文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 森友 籠池と妻諄子の両被告が保釈 夜に記者会見の予定
  2. アメフット 「謝っても謝りきれない」日大学長が会見
  3. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
  4. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  5. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]