コアラ

赤ちゃんの名付け親に 今年生まれた2頭、平川動物公園が募集 /鹿児島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 鹿児島市平川町の平川動物公園が、園内で今年生まれたコアラの赤ちゃん2頭の名前を募集している。担当者は「実際に赤ちゃんの姿を見てイメージを膨らませて名前を考えてほしい」と話している。

 募集するのは、ココロが5月4日に生んだ雌と、ユメが5月14日に生んだ雄で、いずれも父はブンダ。現在は2頭とも屋内展示場で、母と一緒に暮らしている。

 動物公園によると、コアラは妊娠期間が35日ほどしかなく、赤ちゃんは全長約2センチ、重さ約0・5グラムと小さな体で生まれる。その後、赤ちゃんは自分で母の袋に入って母乳を飲みながら成長し、半年ほどたって、袋の外に出てくる。

この記事は有料記事です。

残り142文字(全文417文字)

あわせて読みたい

注目の特集