18年度予算案

防衛費増、際立つ 4年連続、過去最大

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 2018年度予算案で防衛関係費は5兆1911億円(前年度比660億円増)となり、4年連続で過去最大を更新した。17年度補正予算案にも2345億円を計上した。北朝鮮の核・ミサイル開発への対応で、新たに導入する陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の関連経費は18年度、17年度補正で計約35億円。

 小野寺五典防衛相は22日の記者会見で「安全保障環境が一層厳しさを増す中、防衛力を質量ともに十分確保するのが必要不可欠だ」と説明した。

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文563文字)

あわせて読みたい

注目の特集