メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

18年度予算案

保育所整備、待機ゼロ不透明

 待機児童対策では、6万5000人分の保育所整備・改修費として865億円を計上した。今年度補正予算案にも3万人分、643億円を盛り込んだ。今年度内にも、さらに6万人分が整備できる見通し。これとは別に、主に従業員向けの「企業主導型保育所」も2万人分開設される見込みで、2018年度末までに計17万5000人分の受け皿整備のめどが立ちそうだ。

 政府は今年6月に新たな待機児童対策「子育て安心プラン」を公表し、20年度までに保育所を22万人分整…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  2. ポルシェで時速200キロ 芦屋の医師を危険運転致死容疑で追送検
  3. 都公安委 吉沢ひとみ被告の免許取り消し
  4. 40年間以上無免許運転の男逮捕 「面倒くさくてお金もないので」と更新せず
  5. 大阪女児不明 友梨さんの父が手記公表「些細な情報でも」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです