メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

点検・安倍政治5年

/5止 数の力、国会空洞化

「丁寧に説明」なし崩し

 「衆院選は小選挙区・比例の双方で、過去3回の総選挙では最も高い得票数をいただいた」。安倍晋三首相は19日の講演で、10月の衆院選以降の決まり文句を口にした。6月の通常国会終盤から内閣支持率が急落し、それでも与党が衆院選で大勝したことへの安堵(あんど)と自信の表れだ。

 だが首相にはなお、加計・森友問題などの「おごり批判」を国会で受けたトラウマが残る。衆院選後の特別国会で、野党への露骨な挑発は影を潜め、勝ち誇るさまを国民に感じさせないように神経を注いだ。

 一方、与党は「与党2、野党8」だった衆院予算委員会の質問時間配分を、特別国会で「与党5、野党9」に…

この記事は有料記事です。

残り992文字(全文1281文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 子育て親子 かわいい服、どこが危ない?

  2. 川に乗用車転落 車内の3人死亡 家族か 広島

  3. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  4. 松井・大阪市長の処理水発言に、近隣県知事らが異論

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです