メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安保理

北朝鮮制裁案採決へ 違反船拿捕を義務化

 【ニューヨーク國枝すみれ】国連安全保障理事会は22日午後(日本時間23日未明)、10回目の北朝鮮制裁決議案を採決する。北朝鮮向けの石油精製製品輸出を現状から9割削減するほか、決議違反の疑いがある船舶について拿捕(だほ)や臨検を加盟国に義務づけたことが柱。米国や議長国日本は従来通り全会一致の採択を目指すが、北朝鮮情勢の緊張が高まる中、対話開始を主張して制裁強化に消極的な国もあり、安保理が結束を保てるか注目される。

 決議案は11月末の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射実験を受けたもので、米国が作成。北朝鮮向けの石油精製製品の輸出は現状で年間450万バレルとされるが、来年1月から上限を年50万バレルとする。今年9月の決議では上限を年200万バレルとしており、さらに厳しくした。また、米国が中国に削減を求めていた原油供給は上限を「年間400万バレルまたは52万5000トン」とした。削減ではないが、数量を明確化した…

この記事は有料記事です。

残り449文字(全文857文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 11年ぶりに自殺者増加 コロナ下こそ届く支援を

  2. 社長ではなく総務部長? 安倍政権の大番頭「危機管理の菅」とは何だったのか

  3. 月刊・時論フォーラム 馬毛島の基地計画/弾劾訴追/養鶏と政治

  4. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  5. 記者のこだわり 他殺か、中毒死か ピンクに染まった遺体の歯は何を語っているのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです