メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縁の下の誇り

和をもって貴しとなす=渡辺守成

 

 国際体操連盟(FIG)の会長に就任してまもなく1年。自己主張がぶつかりがちな国際会議をまとめるのは大変です。そんな時、私が口にする言葉があります。「Harmony is to be valued」。日本語で言えば「和をもって貴しとなす」。冷静さを取り戻すと議論は落ち着くところに落ち着くものです。聖徳太子の古来の教えに助けられています。

 理事会には米国、欧州、中東、ロシア、アジアなど多彩な地域の顔ぶれがそろいます。合理主義を貫く者もい…

この記事は有料記事です。

残り739文字(全文959文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強制性交等・監禁 県立病院の元看護師起訴 /福井
  2. もとをたどれば 鳥貴族 全品均一価格、成長の力に
  3. 首相検討 甘利氏、党要職起用へ 2日に閣僚認証式
  4. 防弾少年団 秋元康氏作詞の新曲発表中止 ファン批判で
  5. 司法試験 最年少合格は慶大1年生「周りの人たちへ感謝」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです