メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福井・大飯原発

1、2号機、廃炉決定 安全対策、採算取れず 関電

 関西電力は22日、臨時取締役会を開き、2019年に40年の運転期限を迎える大飯原発1、2号機(福井県おおい町)の廃炉を正式に決めた。運転を延長すれば安全対策費がかさみ、採算が取れないと判断した。大飯1、2号機の出力は各117・5万キロワット。東日本大震災後に廃炉が決まった原発は全国で東京電力福島第1原発以外に6基あるが、100万キロワット以上の大型原発は初めて。

 大飯1、2号機は原子炉格納容器が狭い「アイスコンデンサー型」という特殊な構造のため、巨額の安全対策…

この記事は有料記事です。

残り383文字(全文616文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  2. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

  3. 大津・園児死傷事故 判決延期 弁護側、争う姿勢

  4. 「嘘ばかり。絶対許せない」 園児死傷事故、突然の判決延期に憤る家族

  5. 「衝突音で初めて対向車に気付いた」スマホ操作などせず 大津園児死傷事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです