福井・大飯原発

1、2号機、廃炉決定 安全対策、採算取れず 関電

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 関西電力は22日、臨時取締役会を開き、2019年に40年の運転期限を迎える大飯原発1、2号機(福井県おおい町)の廃炉を正式に決めた。運転を延長すれば安全対策費がかさみ、採算が取れないと判断した。大飯1、2号機の出力は各117・5万キロワット。東日本大震災後に廃炉が決まった原発は全国で東京電力福島第1原発以外に6基あるが、100万キロワット以上の大型原発は初めて。

 大飯1、2号機は原子炉格納容器が狭い「アイスコンデンサー型」という特殊な構造のため、巨額の安全対策費がかかる。存続を決めている原発7基の安全対策費に計8300億円を投じる計画で、これ以上の負担は重荷になると判断。関電は18年以降、原子力規制委員会に廃炉の作業計画を出す。

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文616文字)

あわせて読みたい

注目の特集