メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

#生きたい

座間殺害事件の周辺で/下 手作りの指輪、お守りに 心通う人、いるから

「生きるために、『死にたい』と不安を吐き出してためないようにする」という女子大学生。お守り代わりに、ツイッターで知り合った女性が作った指輪を左中指にはめる=神奈川県で林田七恵撮影

 「2人ともしんどいんだから、気圧が低いのが悪いんだよ」。神奈川県の女子大学生(18)がツイッターで「死にたい」とつぶやくと、そんなメッセージが届いた。「気圧じゃ、しょうがないよね」。少し、笑えた。相手は自殺願望があり、ツイッターで知り合った5歳上の女性だ。

   ◇

 中学で付けられたあだ名は「地味ーズ」。目立たない女子数人が、まとめてこう呼ばれた。同級生が進学しない高校を選び入学したが、友達ができず、1カ月で通信制に入り直した。

 自宅に引きこもっていた2016年の誕生日。「おめでとう」と書かれたメールが、1通だけ届いた。同じ高校への進学を避けるため、志望校を変えたほど嫌いな元同級生からだった。

この記事は有料記事です。

残り1046文字(全文1346文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 関東平野部も大雪の恐れ 「不要不急の外出控えて」 国交省緊急発表

  4. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです