アイヌ遺骨

海外調査費500万円 早期返還に予算計上

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 政府は22日に閣議決定された2018年度予算案に海外のアイヌ遺骨の所在を調査し、日本への返還手続きを進める調査費500万円を盛り込んだ。海外でのアイヌ遺骨の調査事業は初めて。既に返還の意向を表明しているオーストラリアに対し、早期に返還手続きを進める考えだ。

 アイヌの遺骨は19世紀ごろに人類学の研究資料として海外に数多く持ち出されたとされる。昨年8月…

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文440文字)

あわせて読みたい

注目の特集