イノシシ

捕獲効率的に ICT活用でわな見回り 栃木

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ICTを活用したワナにかかったイノシシ=栃木県大田原市で2017年12月21日、野口麗子撮影
ICTを活用したワナにかかったイノシシ=栃木県大田原市で2017年12月21日、野口麗子撮影

 栃木県が昨年度から取り組んでいる情報通信技術(ICT)を活用した獣害防除対策実証事業で、効率的なイノシシなどの捕獲システムの報告会が21日、栃木県大田原市役所黒羽支所などで開かれた。

 県内の猟友会や市役所担当者ら約70人が参加。同市雲岩寺地区ではICTを活用したわなにイノシシがかかった様子を見ながら、システムの説明を受けた。

 県農村振興課によると、約15年前はイノシシによる被害は山間部に集中していたが、近年は県内全域に拡大。狩猟者の高齢化や地域の過疎化が深刻化している事情もあり、県は獣害対策の負担軽減が必要と判断し、ICTによる省エネ捕獲システムを研究している。

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文593文字)

あわせて読みたい

注目の特集