法務省

黒羽刑務所を22年春閉鎖へ 老朽化や受刑者減で

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 法務省は22日、栃木県大田原市寒井の黒羽刑務所を2022年3月末で閉鎖(廃庁)することを明らかにした。施設の老朽化や受刑者の減少などを考慮して決めたという。跡地利用は「白紙」としている。

 法務省によると、黒羽刑務所は1971年に建設。初犯や犯罪傾向の進んでいない男性受刑者らを受け入れてきた。定員は1780人で、現在は約130…

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文410文字)

あわせて読みたい

注目の特集