メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学校保健統計

福島の子、肥満傾向顕著 外遊び控えた結果

肥満傾向児の出現率

五つの年齢で全国最多 原発事故の影響ここにも

 福島県内の肥満傾向にある子どもの割合は5歳、8歳、10歳、11歳、16歳の五つの年齢で全国最多だったことが、文部科学省が22日に公表した今年度の学校保健統計調査(速報値)で分かった。福島第1原発事故時に小学校へ入学していなかった11歳以下の肥満傾向が顕著だ。県教委は「原発事故の影響で外遊びを控えた結果、未就学だった子どもたちに体を動かす習慣が根付かなかった恐れがある」と指摘している。【宮崎稔樹】

 この調査は5~17歳を対象に4~6月に実施され、身長別の標準体重より20%以上重い場合を「肥満傾向…

この記事は有料記事です。

残り609文字(全文881文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 殺害された小4男児は英語好き、熱心に塾通い 朗らかで雰囲気明るく

  5. 「過去の歴史想起」外務省、かつて旭日旗で注意 五輪で容認と矛盾?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです