民進

江崎孝参院議員が立憲民主に入党届 連合組織内で初

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 民進党の江崎孝参院議員(61)は22日、離党届を出し、立憲民主党に入党届を提出した。江崎氏は自治労出身で、連合の組織内候補が立憲に移籍するのは初めて。立憲は26日の常任幹事会で江崎氏らの入党を承認する方針で、衆参国会議員の合計では59人と民進を上回る最大野党になる。うち参院議員は5人だが、参院でも…

この記事は有料記事です。

残り175文字(全文325文字)

あわせて読みたい

注目の特集