メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

AIスピーカー

暮らしを便利にする? 3社を比べてみた

左からグーグルホーム、クローバウェーブ、アマゾンエコー=各社提供

 米国で2014年から販売され、人工知能(AI)を活用する「スマートスピーカー」が今秋、グーグル、LINE、アマゾンから国内で発売された。音声で操作して天気予報などの情報が得られるが、AIがさらに賢くなるには今後、多くの人が使って家庭内の会話情報を集める必要があるという。プライバシーの懸念もある中、日常生活を便利にする新たなサービスの開発につながるのか、主要3社のスピーカーを使ってみた。【岡礼子】

この記事は有料記事です。

残り3156文字(全文3356文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. わいせつDVD販売手助けの疑い バナー広告集めたサイトの運営者逮捕 4800万円稼ぐ

  2. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  3. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  4. コロナで変わる世界 <仕事編②>希望退職「35歳以上」 日本型雇用に見直しの波

  5. ハナマウイ、痛い走塁ミス 初白星ならず 四国銀は13大会ぶり2勝目 都市対抗野球

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです