メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

来年度予算案

少子化対策広がり欠く 97兆7128億円

2018年度予算案・税制改正で暮らしどうなる

 政府は22日、一般会計総額が過去最大の97兆7128億円となる2018年度予算案を閣議決定した。安倍晋三首相が看板政策に掲げる少子化対策へ重点配分したのが特徴だが、19年10月の消費税増税までは使える財源が限られ、メリットは一部の世帯にとどまりそうだ。高齢化で増える社会保障費の伸びは目標の範囲に抑えたものの、歳出は切り込み不足が目立ち、6年連続で膨張している。

 歳出の約3割を占める社会保障費は、17年度当初比4997億円(1・5%)増の32兆9732億円と過…

この記事は有料記事です。

残り616文字(全文848文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 殺害された小4男児は英語好き、熱心に塾通い 朗らかで雰囲気明るく

  5. 「過去の歴史想起」外務省、かつて旭日旗で注意 五輪で容認と矛盾?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです