メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

講演会

山中教授「iPS細胞で医学の課題を克服したい」

メトロポリタンアカデミー300回記念講演会で講演する山中伸弥・京都大教授=東京都豊島区西池袋のホテルメトロポリタンで2017年12月22日午後0時45分、松田嘉徳撮影

「毎日メトロポリタンアカデミー」300回記念、東京で

 iPS細胞(人工多能性幹細胞)の開発でノーベル賞を受賞した山中伸弥・京都大教授が22日、東京都豊島区のホテルメトロポリタンで「iPS細胞がひらく新しい医学」と題して講演した。「毎日メトロポリタンアカデミー」(毎日新聞社主催)が300回を迎えた記念講演会で、約400人が耳を傾けた。

     今年は、さまざまな細胞になりうるヒトiPS細胞の開発から10年。この間、再生医療や新薬の開発が活発化し、加齢黄斑変性という目の病気の治療に活用されたほか、パーキンソン病など他の疾患への適用も期待されている。

     この日の講演で、山中教授は、父親がC型肝炎だったことに触れ「病気の原因解明や治療法の開発には長い時間と膨大なコストがかかることを身をもって知った。iPS細胞を利用し、その課題を克服したい」と抱負を述べた。具体策として「患者に必要な細胞を早急に届けられるように、移植しても拒絶反応が起こりにくい免疫の型を持つ人の血液からiPS細胞をつくり、備蓄を進めている」と紹介した。

     来年2月には「別府大分毎日マラソン」に出場予定など、マラソンを通して研究資金の寄付を募っている山中教授。寄付に関する資料請求は0120・80・8748で受けており「0120のハシレヤマナカシンヤと読みます」と会場の笑いを誘った。【田中泰義】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 傷害容疑 不必要に患者の歯削り損傷 歯科医師を逮捕
    2. アザラシ 「なぜこんな所に」秋田・能代の川
    3. 特集ワイド 拉致被害者家族、蓮池透さんに聞く 「最重要課題」一ミリも動かぬ安倍政権 政治家こそ「痛恨の極み」
    4. ロシア シベリアに大寒波 氷点下65度、死者も
    5. 聖カタリナ学園 女子ソフト部監督、セクハラ発言や体罰

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]