メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

環境省

漂着木造船の処理費用、全額を国負担へ

電動のこぎりで切断される木造船=山形県鶴岡市で2017年12月14日、的野暁撮影

 日本海沿岸に北朝鮮籍とみられる木造船が多数漂着している問題で、環境省は22日、都道府県か市町村が行う処理に対し、国が費用を全額負担することを明らかにした。従来は補助にとどまっていたため、処理が地方財政を圧迫するとして自治体が全額負担を訴えていた。海上保安庁が朝鮮半島から来たと確認した船に対し、同日以降の処理に適用する。

 海保によると、今年はこれまでに、朝鮮半島から漂流か漂着した木造船は96隻で、統計を取り始めた2013年以降最多だ。

この記事は有料記事です。

残り187文字(全文406文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソウル市長、遺体で発見 「遺言」残し失踪 元秘書がセクハラ訴え

  2. 絶滅していなかった? ニホンカモシカ、愛媛で50年ぶり確認

  3. あぶり出された若年層感染 中高年へ「感染及ぶ兆し」 東京最多224人

  4. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  5. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです