環境省

漂着木造船の処理費用、全額を国負担へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
電動のこぎりで切断される木造船=山形県鶴岡市で2017年12月14日、的野暁撮影
電動のこぎりで切断される木造船=山形県鶴岡市で2017年12月14日、的野暁撮影

 日本海沿岸に北朝鮮籍とみられる木造船が多数漂着している問題で、環境省は22日、都道府県か市町村が行う処理に対し、国が費用を全額負担することを明らかにした。従来は補助にとどまっていたため、処理が地方財政を圧迫するとして自治体が全額負担を訴えていた。海上保安庁が朝鮮半島から来たと確認した船に対し、同日以降の処理に適用する。

 海保によると、今年はこれまでに、朝鮮半島から漂流か漂着した木造船は96隻で、統計を取り始めた2013年以降最多だ。

この記事は有料記事です。

残り187文字(全文406文字)

あわせて読みたい

注目の特集