食品サンプル

「本物そっくり」と外国人観光客に人気

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
完成した弁当の食品サンプルを手に笑顔を見せる台湾人の大学生カップル=大阪市中央区で2017年9月7日、須藤唯哉撮影
完成した弁当の食品サンプルを手に笑顔を見せる台湾人の大学生カップル=大阪市中央区で2017年9月7日、須藤唯哉撮影

 あつあつのミートソースに粉チーズがかかったスパゲティや、水揚げされたばかりのように体表が輝く魚--。手でさわるとギョッとするほど本物そっくりの食品サンプルに、増加するインバウンド(訪日外国人観光客)の人気が集まっている。東京、大阪などでサンプル販売や製作体験を提供する店には連日、外国人観光客が訪れる。サンプルを活用したインバウンド向けビジネスをうたう企業も現れた。

 大阪・ミナミの千日前道具屋筋商店街(大阪市中央区)にある、食品サンプルの販売店「デザインポケット」。店では製作体験もある。ある日、台湾からの男女大学生のカップルが接着剤で固めて形を整えたおにぎりやハンバーグ、ソーセージなどが入った弁当を作っていた。料金は3480円。カップルの女性は「食品サンプルは台湾にもあるが、こんなに本物そっくりじゃないよ」と笑った。

この記事は有料記事です。

残り750文字(全文1113文字)

あわせて読みたい

注目の特集