メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

主権者教育

高校生が生徒会活動をテーマに 福井 /福井

生徒会予算の配分方法について議論する生徒たち=福井市文京2の県立藤島高校で、近藤諭撮影

 政治参加の意義などを学ぶ「主権者教育」の研修会が23日、県立藤島高校(福井市文京2)であった。県立高25校の生徒会役員約50人が参加し、生徒会活動の課題をテーマに活発に議論した。

 研修会は、主権者教育に詳しい慶応大SFC研究所の西野偉彦・上席所員(33)が講師を務め、生徒たちが3人ずつの班に分かれるグループワーク形式で行った。西野…

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文418文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. 議場ではなく「劇場」にいるかと… 新人総理番が見た「代表質問」

  3. 俳優の伊藤健太郎容疑者逮捕 ひき逃げの疑い、女性重傷「離れたのは間違いない」

  4. 詐欺手口、原点回帰? 「オレオレ」前年より2割増 「息子」7割 埼玉

  5. ORICON NEWS 白石麻衣、純白ドレスで10分間の卒業スピーチ「乃木坂46でいられたことを誇りに」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです