メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと人

萩市観光協会次長 世良真智志さん /山口

「サムライ」テーマに楽しく 世良真智志(まさし)さん(37)

 明治維新150年を迎える来年のテーマは「サムライ」だ。「幕末の志士を片仮名に置き換えると見えなかった観光戦略が見えてきた。萩観光が問われる年でもあり、楽しさを追求したい」と“萩観光の仕掛け人”は意気込む。

 世界遺産や伝統的建造物群保存地区などが豊富な萩は、見て回る観光スタイルが主となっている。しかし「『見た』『行った』だけでは観光客は減る。時代に合わせて『おもしろい』『また子供を連れていきた…

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文572文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

  5. 軽量タイヤホイール 熱可塑性カーボンで従来の半分 赤磐の板金加工会社が開発 数年後の量産化へ /岡山

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです