メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みんなの広場

植栽活動も環境負荷に配慮を=琉球大教授・高相徳志郎・63

 (沖縄県竹富町)

 自然環境の保全、環境教育、景観の改善といった目的で植栽が各地で行われ、ボランティアによる場合は美談として扱われることが多い。私は危機的に少ない個体数となっているイリオモテヤマネコの交通事故被害防止のため、草丈の高い外来植物を駆除して、草丈の低い在来芝などを植える活動をしているが、植栽種は自前で育てている。…

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文408文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

  2. 警官訪問後、容疑者飛び降り死亡 盗撮容疑、自宅の20階から 警視庁

  3. 奈良の感染者の26% コーヒーの香り、カレーの味分からず 発熱から数日後

  4. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  5. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです