連載

ミニ論点

ニュースをそれぞれ立場を異にする専門家や識者らが意見を交わします。

連載一覧

ミニ論点

北朝鮮制裁決議 三村光弘・環日本海経済研究所主任研究員、平岩俊司・南山大教授の話

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 国連安保理は北朝鮮制裁決議を全会一致で採択した。北朝鮮への影響や国際社会の思惑を識者に聞いた。

体制不安定化の恐れ 三村光弘・環日本海経済研究所主任研究員(北朝鮮経済)

 今回の追加制裁では農産物や電子機器など輸出禁止項目が追加され、これまでの制裁と合わせ、北朝鮮による輸出は前年比で9割程度減少するとみられる。また、海外で働く出稼ぎ労働者を2年以内に帰国させる措置により、北朝鮮は極めて深刻な外貨不足に陥るだろう。

 制裁強化により、北朝鮮は短期的には核、ミサイル開発を加速させる可能性が高い。孤立無援化が進むことで、核、ミサイル開発に活路を見いだそうとするからだ。

この記事は有料記事です。

残り944文字(全文1226文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集