メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

減反と闘ったコメ農家(その2止) 「ヤミ米」と罵倒され

雪が降りしきる農地でタマネギの生育状況を確かめる涌井徹さん=秋田県大潟村で2017年12月、松本紫帆撮影

 

 ◆農業に希望を求める涌井徹さん

農政に分断された村

 「おわびしなければなりません」

 2009年11月26日。秋田県大潟村を訪れた民主党政権の赤松広隆農相(当時)は、意見交換会に参加した村幹部や農家の人たちの前で謝罪した。村は「日本の食糧基地」として誕生したにもかかわらず、農政が入植者たちを翻弄(ほんろう)し、村を分断し続けたからだ。

 大潟村は八郎潟を干拓し、1964年10月に誕生した。コメを増産する「モデル農村」とうたわれ、入植者…

この記事は有料記事です。

残り4504文字(全文4723文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  3. 世界経済・見て歩き 中国・華西村 「金持ち村」の今 錬金術あだ、火の車 需要無視し過剰投資

  4. 直径1.5メートル超 巨大キノコ、埼玉・坂戸で発見 /東京

  5. 金哲彦のレース展望・解説 “MVP”前田穂南は五輪メダル級の力 男子「4強」は冷静さ欠く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです