メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

健康狂想曲

第4章・メンタルヘルス/5止 悩む妊産婦に寄り添う

健康科学大学産前産後ケアセンターの宿泊型ケアを利用し、部屋で子どもをあやす女性

 ●宿泊で疲れ癒やす

 山梨県笛吹市のJR中央線石和温泉駅から車で約5分。2016年1月にオープンした「健康科学大学産前産後ケアセンター」は、県の委託で産後の女性の心身の回復などを目的とした宿泊型ケアや、365日24時間対応の電話相談を行っている。宿泊利用料の一部は県と市町村が負担。こうした母子保健事業の実施は市町村が主体だが、山梨では県と全27市町村で取り組んでおり、全国でも例がない。

 記者が施設を見学した日、笛吹市の会社員、村松智哉さん(31)が、妻と生後4カ月の長男が宿泊する部屋…

この記事は有料記事です。

残り1874文字(全文2118文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 徴用工判決 韓国紙、評価割れ「正義」「韓日関係に台風」
  5. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです