特集

今週の本棚

「面白い!読ませる!」と好評の読書欄。魅力ある評者が次々と登場し、独自に選んだ本をたっぷりの分量で紹介。

特集一覧

今週の本棚

湯川豊・評 『光の犬』=松家仁之・著

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 (新潮社・2160円)

情け容赦ない死と輝く生の姿

 読んで、いいようがないほどの強い衝撃を受けた。しばらく、読んだことを忘れようとさえした。黙り込むしかない。しかし、その沈黙のなかに、長篇のさまざまな断片が、語りかけてくる。二度目を読んで、もう一度向いあうしかなかった。

 そのようにしても、この長篇小説が心のなかにすっかり落ち着いたというわけではない。したがって、以下に書くことは、小説の批評とか紹介というものではなく、思いのままの感想ということになりそうである。

 そうなるのは、内容が衝撃的であるというばかりではなく、書かれ方が思いきって恣意(しい)的であることが手伝っているかもしれない。松家仁之氏のこれまでの作品は、構成が緻密であるのが特徴のひとつだった。それが突き崩されて、不規則的であることを恐れず、いま語りたい世界をすべて語ろうと意志しているかのようである。文体は松家氏らしく端整であるのは変らないのだが。

この記事は有料記事です。

残り1059文字(全文1468文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集