メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

湯川豊・評 『光の犬』=松家仁之・著

 (新潮社・2160円)

 読んで、いいようがないほどの強い衝撃を受けた。しばらく、読んだことを忘れようとさえした。黙り込むしかない。しかし、その沈黙のなかに、長篇のさまざまな断片が、語りかけてくる。二度目を読んで、もう一度向いあうしかなかった。

 そのようにしても、この長篇小説が心のなかにすっかり落ち着いたというわけではない。したがって、以下に書くことは、小説の批評とか紹介というものではなく、思いのままの感想ということになりそうである。

 そうなるのは、内容が衝撃的であるというばかりではなく、書かれ方が思いきって恣意(しい)的であることが手伝っているかもしれない。松家仁之氏のこれまでの作品は、構成が緻密であるのが特徴のひとつだった。それが突き崩されて、不規則的であることを恐れず、いま語りたい世界をすべて語ろうと意志しているかのようである。文体は松家氏らしく端整であるのは変らないのだが。

この記事は有料記事です。

残り1072文字(全文1468文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. 俳優の伊藤健太郎容疑者逮捕 ひき逃げの疑い、女性重傷「離れたのは間違いない」

  3. 特集ワイド 学術会議問題◀◀井筒監督 若者よ、立ち上がれ キナ臭いよな 権力むき出しの暴力

  4. ここが焦点 大阪の経済成長、本物? 11~17年度、全国平均届かず 15年度以降、訪日客増で好況

  5. ORICON NEWS 伊藤健太郎容疑者、12月放送予定のNHKドラマ降板 オンデマンドでの作品販売も停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです