メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

湯川豊・評 『光の犬』=松家仁之・著

 (新潮社・2160円)

情け容赦ない死と輝く生の姿

 読んで、いいようがないほどの強い衝撃を受けた。しばらく、読んだことを忘れようとさえした。黙り込むしかない。しかし、その沈黙のなかに、長篇のさまざまな断片が、語りかけてくる。二度目を読んで、もう一度向いあうしかなかった。

 そのようにしても、この長篇小説が心のなかにすっかり落ち着いたというわけではない。したがって、以下に書くことは、小説の批評とか紹介というものではなく、思いのままの感想ということになりそうである。

 そうなるのは、内容が衝撃的であるというばかりではなく、書かれ方が思いきって恣意(しい)的であること…

この記事は有料記事です。

残り1186文字(全文1468文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  5. ORICON NEWS カントリー・ガールズ、活動休止&メンバー卒業へ 山木梨沙は引退 船木結は来年3月活動を休止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです