メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

池内紀・評 『日本人とリズム感-「拍」をめぐる日本文化論』=樋口桂子・著

 (青土社・2376円)

前言語的、経験則としての感性

 一つのエピソードが手引きになっている。かなり前のことだそうだが、友人とタクシーに乗っていた。友人の友人であるイタリア人の男性もいっしょで、ローマから着いたばかり。カーラジオの女性の声にイタリア人が心配そうにたずねた。「彼女は腹でも痛いのか」。都はるみの「アンコ椿……」の絞り出すような歌声が、イタリア人には腹痛を訴えているように聞こえたらしい。

 それ以上に「私」には気になった。友人はイタリア暮らしが長く、流暢(りゅうちょう)なイタリア語を話し…

この記事は有料記事です。

残り1777文字(全文2026文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 写真にしか見えない“鉛筆画” 作者が語る魅力「複製できない、消しゴムで消せる儚さ」
  2. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬
  3. 雑居ビルで爆発 42人負傷 ガス爆発の可能性も 札幌市
  4. 札幌の飲食店付近で爆発 けが人10人以上か 札幌市
  5. 幽霊消防団員 内部告発で活動禁止や嫌がらせの報復受けたケースも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです