メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

池内紀・評 『日本人とリズム感-「拍」をめぐる日本文化論』=樋口桂子・著

 (青土社・2376円)

前言語的、経験則としての感性

 一つのエピソードが手引きになっている。かなり前のことだそうだが、友人とタクシーに乗っていた。友人の友人であるイタリア人の男性もいっしょで、ローマから着いたばかり。カーラジオの女性の声にイタリア人が心配そうにたずねた。「彼女は腹でも痛いのか」。都はるみの「アンコ椿……」の絞り出すような歌声が、イタリア人には腹痛を訴えているように聞こえたらしい。

 それ以上に「私」には気になった。友人はイタリア暮らしが長く、流暢(りゅうちょう)なイタリア語を話し…

この記事は有料記事です。

残り1777文字(全文2026文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クジラ 東京湾で目撃9件 海ほたる沖で何度もジャンプ
  2. セクハラ 「早大の渡部直己教授から」元女性院生申し立て
  3. 竜王戦 藤井七段、都成五段に勝つ 決勝T1回戦
  4. サッカー日本代表 不安定な川島 西野監督も苦言
  5. サッカー日本代表 ポーランドに勝つか引き分けで突破

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]