メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『渡部先生、日本人にとって天皇はどういう存在ですか?』=渡部昇一、フォルカー・シュタンツェル著

 (幻冬舎・1296円)

 シュタンツェル元駐日ドイツ大使は、被爆した広島、長崎の惨状を知り、日本への強い関心を抱いた。ドイツ語訳の「源氏物語」を読み、日本の政治から文化、歴史にまで関心を深めた。京都大留学後、ドイツ外務省に入省。在日ドイツ大使館勤務などを経て、駐日ドイツ大使を務めた。

 保守派の論客として知られる渡部氏との対談は、同氏の死去直前に行われたものだ。この中で元大使は「天皇は、日本の歴史…

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文498文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 地下アイドルに強制わいせつ致傷容疑 26歳ファン逮捕 自宅前で待ち伏せ

  3. 本人名義の出演も 西川貴教さんが語る「イナズマロックフェス」とふるさと滋賀

  4. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  5. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです