メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

鴻巣友季子・評 『源氏物語 上』/『源氏物語 A・ウェイリー版 第1巻』

 ◆『源氏物語 上』紫式部著、角田光代訳(河出書房新社・3780円)

 ◆『源氏物語 A・ウェイリー版 第1巻』紫式部著、毬矢まりえ、森山恵訳(左右社・3456円)

画期的現代語訳と戻り訳で再創造

 今年は日本における『源氏物語』にとって、革新的な年となった。一つは、角田光代による画期的な現代語訳の刊行が始まったこと。もう一つは、「源氏」の国際的研究においては、今なお最重要であるアーサー・ウェイリーの英訳、これを日本語に訳し戻す試みが登場したこと。後者は、佐復秀樹に次いで二回目の「戻り訳」である。

 角田訳を評して、池澤夏樹は「モダニズムに仕立て直すとは、こういうことである」と書いているが、『源氏…

この記事は有料記事です。

残り1241文字(全文1539文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大前監督の内田氏、心労で入院へ
  2. アメフット 「日大選手、かわいそう」被害者の父が投稿
  3. 森友交渉記録 「安倍晋三小」14年認識 近畿財務局
  4. 日大 内田監督 誠意なき辞任 「かんさいがくいん」と何度も間違い……(スポニチ)
  5. 広島・高2殺害 「わいせつできず怒り」容疑者、突発的か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]