レスリング

全日本選手権 太田、雪辱V 男子60キロ級

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
男子グレコローマンスタイル60キロ級決勝で、文田健一郎(右)に勝利し喜ぶ太田忍=渡部直樹撮影
男子グレコローマンスタイル60キロ級決勝で、文田健一郎(右)に勝利し喜ぶ太田忍=渡部直樹撮影

 全日本選手権最終日は23日、東京・駒沢体育館で男女10階級が行われ、男子はグレコローマン60キロ級で2016年リオデジャネイロ五輪59キロ級銀メダルの太田忍(ALSOK)が決勝で、今夏の世界選手権同級を制した文田健一郎(日体大)を破り、15年の59キロ級に続く優勝を果たした。フリースタイル57キロ級は世界選手権優勝の高橋侑希(ALSOK)が2連覇した。

 女子は50キロ級で入江ゆき(自衛隊)が準決勝で世界選手権48キロ級を制した須崎優衣(東京・安部学院高)にテクニカルフォール勝ちし、15年の48キロ級以来の優勝。62キロ級はリオ五輪63キロ級金の川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)が60キロ、58キロ級に続いて3年連続の日本一に輝いた。68キロ級もリオ五輪69キロ級金の土性沙羅(東新住建)が67キロ、69キロ級を含め7連覇を達成。53キロ級は世界選手…

この記事は有料記事です。

残り755文字(全文1133文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集