メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2017年

担当記者が振り返る

 <日曜カルチャー>

 2017年も残すところ8日。九州・沖縄・山口の文学、美術、演劇、文化財を巡る動きについて、担当記者が振り返った。

目が離せぬ沖ノ島

 ■文化財

 沖ノ島(福岡県)にちなむ文化遺産群「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」の世界遺産登録決定(7月)が注目された。諮問機関「国際記念物遺跡会議」(イコモス)による一部資産の除外勧告(5月)に対し、国連教育科学文化機関(ユネスコ)が全資産を登録する逆転決定をしたからだ。信仰が沖ノ島を今日まで守ってきた点が評価された。現地の島に行けないのが、今回の世界遺産の特徴だ。島を守りつつ、価値をどう伝えるか。沖ノ島の今後の取り組みは、文化財の保存と公開という観点からも見逃せない。

 「世界の記憶」(世界記憶遺産)に登録決定(10月)した「朝鮮通信使に関する記録」は、江戸時代の日本…

この記事は有料記事です。

残り2221文字(全文2587文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 伊藤園 業界初、缶入り「とん汁」22日発売 豚肉なし
  2. ORICON NEWS 堺正章、沢田研二のドタキャン騒動に複雑「残念ですけど倍の力で…」
  3. ファミマ わさびが潜む「ロシアンルーレット」パン発売
  4. KYB 不正装置の建物名70件を公表
  5. 12階から自転車投げ落とす 殺人未遂容疑で男逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです