メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2017年

担当記者が振り返る

 <日曜カルチャー>

 2017年も残すところ8日。九州・沖縄・山口の文学、美術、演劇、文化財を巡る動きについて、担当記者が振り返った。

目が離せぬ沖ノ島

 ■文化財

 沖ノ島(福岡県)にちなむ文化遺産群「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」の世界遺産登録決定(7月)が注目された。諮問機関「国際記念物遺跡会議」(イコモス)による一部資産の除外勧告(5月)に対し、国連教育科学文化機関(ユネスコ)が全資産を登録する逆転決定をしたからだ。信仰が沖ノ島を今日まで守ってきた点が評価された。現地の島に行けないのが、今回の世界遺産の特徴だ。島を守りつつ、価値をどう伝えるか。沖ノ島の今後の取り組みは、文化財の保存と公開という観点からも見逃せない。

 「世界の記憶」(世界記憶遺産)に登録決定(10月)した「朝鮮通信使に関する記録」は、江戸時代の日本…

この記事は有料記事です。

残り2221文字(全文2587文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 野球漫画 「ドカベン」46年で完結 28日発売号で
  2. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明
  3. カナダ 地下鉄ホームから突き落とされ死亡 日本人男性か
  4. カネテツ ウナギ高騰 本物そっくり「ほぼうなぎ」販売
  5. ドカベン 長寿野球マンガが完結へ 46年の歴史に幕 「チャンピオン」次号で最終章が最終回

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]