メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2017年

担当記者が振り返る

 <日曜カルチャー>

 2017年も残すところ8日。九州・沖縄・山口の文学、美術、演劇、文化財を巡る動きについて、担当記者が振り返った。

目が離せぬ沖ノ島

 ■文化財

 沖ノ島(福岡県)にちなむ文化遺産群「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」の世界遺産登録決定(7月)が注目された。諮問機関「国際記念物遺跡会議」(イコモス)による一部資産の除外勧告(5月)に対し、国連教育科学文化機関(ユネスコ)が全資産を登録する逆転決定をしたからだ。信仰が沖ノ島を今日まで守ってきた点が評価された。現地の島に行けないのが、今回の世界遺産の特徴だ。島を守りつつ、価値をどう伝えるか。沖ノ島の今後の取り組みは、文化財の保存と公開という観点からも見逃せない。

 「世界の記憶」(世界記憶遺産)に登録決定(10月)した「朝鮮通信使に関する記録」は、江戸時代の日本…

この記事は有料記事です。

残り2221文字(全文2587文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声
  2. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  3. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  4. タイヤチェーン 大雪時に装着義務、今冬から13区間で 「夏タイヤ規制が先」の声も
  5. 特集ワイド 道徳教材、透ける「押し付け」 中学教科書、開いてみると…

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです