メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松尾貴史のちょっと違和感

今年の漢字 「隠」とか「操」とか「難」とかの方が…

 いささか旧聞に属するかもしれないが、毎年12月に発表される「今年の漢字」が、何とまあ、「北」に決まったのだそうだ。今年もまた、清水寺の貫主の揮毫(きごう)で大書きされる様が新聞やテレビで大々的に発表された。

 もう少し、「なるほど」とうなずける文字はなかったのか。確かに、「北」朝鮮の行儀の悪い挑発には辟易(へきえき)させられたが、そんなもので今年を象徴されるのは片腹痛い。九州「北」部豪雨というのもこじつけが過ぎるのではないか。まだ「北」海道産のジャガイモの不作のほうが「北」の意味がストレートだが、今年の漢字の理由に数えるのは無理やりな気がする。

 大谷翔平選手、清宮幸太郎選手が「北」海道日本ハムだから、という理由もあった。しかし、優勝したチーム…

この記事は有料記事です。

残り1174文字(全文1499文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深い傷 性暴力の現場から/上 告白の夜、夫婦で号泣 父から強姦、被害公表し支援側に
  2. 大西議員発言 名誉毀損認めず 高須クリニック側敗訴
  3. 特集ワイド 財務事務次官のセクハラ疑惑 あきれた政府の人権感覚
  4. 九大の森 静寂こそ…インスタ映えで殺到、閉鎖も検討
  5. 反セクハラ 自民・長尾氏、女性議員に「縁遠い方々」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]